モッキー養蜂のはちみつ

長野の友人が養蜂を始めたというお知らせを受けて、はちみつを譲っていただきました。

無農薬、無抗生、非加熱の天然純粋蜂蜜です。

今回は、アカシアとりんごの二種類。
ムカイ林檎のりんご蜂蜜も並べて食べ比べしました。

ムカイ林檎のりんご蜂蜜は、濃厚でクセがありますが、モッキーのはサラッとしていてクセもほとんどありませんでした。
6歳の長女は「アカシアは、あとあじがしぶいけど、りんごのほうはのどこしがよくて、あとあじがあまずっぱい」という感想をいただきました。

はちみつを使ったお菓子作りをする前に、シンプルにはちみつのおいしさを楽しめるホットケーキを焼きました。

カルピスバターにモッキー蜂蜜、最高の組み合わせでした。

今は、栗の花の蜜を作っているようです。新作も楽しみ!

作ってくださった友人とミツバチに感謝です。ありがとうございました。

ーーーーーーーーー以下、加藤基行さんFacebook引用ーーーーーーーーー

今年から養蜂に本格的に取り組み、去年みたいに霜被害も無く、アカシアの花が豊作で尚且つ、ミツバチ🐝ちゃんの働きのお陰で最高のアカシア蜜が採れました!アカシア蜜を集約させる為、それまでに採蜜したさくらんぼ、りんご、ブルーベリー、その他の花蜜が混ざっている蜂蜜(ほぼ、りんご蜜が多い)も採れました。※現在、ミツバチ🐝は栗🌰の花を採蜜中。

ダニ、スムシ対策の為にミツバチや巣箱に農薬や抗生物質を与える事は一切せず、ミツバチが花蜜を採集している間に砂糖水を与えて蜜倍増する事もせず、蜂蜜が完熟するまで待ってミツバチの働きに感謝しながら採蜜した非加熱の天然蜂蜜です。👍

ミツバチは最長5ヶ月〜1ヶ月しか生きられない儚い命。一生で集められる蜂蜜は一匹で小さじスプーン一杯分です。その事を考えると本当に有り難く、貴重なものです。

国産の蜂蜜はたったの5%しか自給されていない。残りはほとんど、輸入品でその内の73%が中国産。中国やインド等の輸入品蜂蜜は加熱、加工蜂蜜が占めているのが現実。

本物の天然純粋蜂蜜は温度が低くなると結晶化します。これは蜂蜜の成分のぶどう糖が結晶化する為です。45度以下の温度で温めると元に戻ります。

蜂蜜の源の花蜜はそのままだと腐ります。

花蜜は糖度が約20%で残りの約80%が水分。

ミツバチが花蜜を吸い、体内の酵素の働きでショ糖の花蜜を果糖とブドウ糖に転化しています。

更に貯えられた蜜を夜間の間に何万匹ものミツバチの羽ばたきで風を発生させ、水分を蒸発させて濃度を高めて蜂蜜を完熟させている。この働きによって20%→80%まで糖度が上がります。これが働き蜂と言われる所以です。ミツバチの働きに感謝✨

水分が少ない完熟した蜂蜜🍯は長年保存できます。(保存期間2年で記載されている事が多いですが、もっと長く持ちます。)

エジプトでピラミッドから発見した蜂蜜が腐らずに何百年も保存できていた話があります。

この糖度が低い状態のまま採蜜し、加熱して水分を飛ばす業者もいます。加熱する事で糖度は高まりますが、元々あった大事な栄養素が失われてしまいます。

私は完熟状態まで待ち、採蜜します。よって糖度が高い状態なので、非加熱でお出しできる訳です。(その為に採蜜作業は水分が少ない朝にやります。更に蜜蓋を切る楽しいテクニカル作業が増えます。笑)

蜂蜜のカロリーは、100gあたり約300kcal前後。同384kcalの上白糖と比べると低カロリーです。

また、蜂蜜の栄養成分の約80%を占めるブドウ糖と果糖は、疲労回復に有効とされる単糖類。脳みそはぶどう糖だけをエネルギー源として、1日300kcalをも消費します。

一般に摂取された糖類は、単糖類(ブドウ糖や果糖)に分解されて体内に吸収されますが、蜂蜜に含まれる糖類はミツバチが花の蜜を体内の酵素で分解したもので、もとからこのブドウ糖と果糖。そのため、消化吸収に手間がかからず、ダイレクトに体のエネルギー源になるのです。

さらに、蜂蜜には、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、酵素、ポリフェノールなど150種類以上の体にうれしい栄養成分がバランスよく含まれており「パーフェクトフード」と呼ばれるほど。腸内環境を整えるグルコン酸やオリゴ糖、抗酸化・抗炎症作用でメタボリックシンドロームを軽減するポリフェノールも含まれています。GI値が低く、血糖値も上がりにくいという研究結果も報告されています。

蜂蜜は、まさに体調ケアに役立つ栄養成分の宝庫なのです。

こういった事から長距離を長時間かけて走破する過酷な活動をする自分に合ったエネルギー源なのです。添加物がたくさん入ったジェル等は受け入れられないし、無理して口に入れても吐いてしまいます。

蜂蜜🍯は無添加で内臓負担も少ない、容易に受け入れられるエネルギー源になるので何年か前から蜂蜜を使ってドリンク作ったりして工夫していました。

しかし、蜂蜜は高くて容易に買えないし、蜂蜜や養蜂の事を調べれば調べる程、紛い物が出ている現実を知り、それならば自分で本当に体に良い蜂蜜🍯を採る為に養蜂をやってみたいと思いました。

でも、本業に畑や田んぼ作業もあり、時間が取れない自分に養蜂の事を学べる時間が無ければ、教えてくれる人が見つからなかったので夢の夢かなと思っていましたが、あるボランティア活動で幸運にプロの養蜂家との出会いがありました。養蜂家と聞いてすぐさまに「体に良い蜂蜜を求めておりまして・・養蜂に興味あるんですが、教えて貰えますか?」と聞いたら速攻で「いいですよ。一緒にやって養蜂について学んでいきましょう」と快諾して貰いました。

そこから私の養蜂の始まりであり、養蜂の師匠の元で見習いとお手伝いを1年、準備期間を経て今年から自作巣箱で本格的に養蜂に取り組み始めました。

その師匠は無農薬、無抗生、非加熱の天然蜂蜜採蜜に取り組んでいる人でまさに有機栽培無農薬野菜や米作りに精励している自分とマッチする人ではないか!と。自分もその天然蜂蜜作りに大きく賛同して色々と学ばせて頂きました。

同じ志を持ってる人だったので、本当に運命の出会いができて嬉しかったです。

養蜂については、まだ未熟で完全な無農薬、天然純粋蜂蜜を採る為に師匠と共に色々と考えて取り組んでいきます。養蜂やミツバチの生態を理解して貰いながらの採蜜体験も開催して大人から子供まで楽しんで貰っています。😊

蜂蜜もミツバチの生態や自然環境を守らなければ採れません。私達、人間による自然破壊、温暖化や農薬利用でミツバチや貴重な花蜜源が減少している・・こんな事があってはならない。

ささやかな抵抗ではありますが、少しでも昔の様な自然環境に戻す為に有機栽培無農薬野菜、米、蜂蜜作りに取り組んでいます。手間はかかるけど、楽したら人間終わりです。次世代の為にも体が動く限り続けていきたいです。

尚、私はプロの養蜂家でもないし、養蜂で利益を求める事は考えていません。ミツバチ🐝の生態を守り、体に良い蜂蜜を食べてみなさんが健康でハッピーになって貰いたい思いから正式販売はしません。蜜源の花は誰のものでもなく、みんなのものなので無償提供したい思いはありますが、養蜂に取り組む為にかかった費用や自然とミツバチを守る為の費用もかかっているので、その点をご理解頂いた人達へ直にやり取りした上でお買い上げ頂いております。個人でやっているので容量にも限りがあり、ミツバチの為に蜂蜜を返す容量も確保しなくてはなりません。その点はご容赦下さい。

長くなりましたが、最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください