百楽荘での夜ごはん

初めは、とにかく安い宿で最後の最後は良い宿に泊まるというのが私たちの旅スタイル。

image

今回、石川の旅で最後の宿に選んだのは、山奥に潜む「百楽荘」。金沢よりずっと北にあります。

image

そこは、個室になっており、テーブルの上には既に料理が並んでいました。

image

みかん香るお酒に海洋深層水割の食前酒から始まり、先附をいただきます。食前酒のつぶつぶは女性に嬉しいコラーゲン。秋の旬菜膳は9品も並び、眺めているだけでも幸せいっぱい!

image

能登で作っているという西中さんの柿。柿の渋さが苦手なのですが、西中さんが作った柿は甘くて食べれちゃいました。ちょっぴり感動。

 

image

先煮物と呼ばれる献立のひとつ。輪島産のど黒の酒蒸し。

image

能登里海で採れたという能登ガンド、中トロ、甘エビ、小木鳥賊、柳鰆を能登醤油に付けていただくのですが、造りはもちろん、醤油がとても濃厚でした!後から知ったのですが、造り用の醤油だそうで、販売もされていました。

image

もうデザート?と思いましたが、口直しの柳田豆乳ソルベ。途中で口直しが出てくると、この後出てくる料理に期待を膨らませちゃいます!

image

蟹甲焼きに、

image

A5能登牛が出てきました〜!自分で炭焼きするので盛り上がります!

image

image

能登郷土料理の真鱈治部煮に、きずな米、蟹つみれの留め椀、香の物で締め。

image

美肌スイーツの能登金時芋羊羮にライスミルクわらびもち、いちじく。

個室の雰囲気も良く、サービスもとても心良く、素敵な時間を過ごせました。ありがとうございました♡

 

秋の兼六園

image

金沢の観光名物のひとつ「兼六園」。

image

この日は、あいにく曇りでしたが、葉っぱの色が秋らしくて美しかったです。

image

NHK「みんなの手話」でも紹介があった最も古い噴口。機械使っていないとは驚きです。

image image

 

冬になると、松木の上に雪が雪積もるそうです。冬もとても綺麗なんだろうなぁ。

 

金沢人が勧める寿司屋さん

金沢人が勧める寿司屋さんってどういうのだろう?と思いながら、付いて行きました。

行ってみると、金沢駅の横道にあり、地元の人しかにぎわっていないような雰囲気のお店でした♪

image

おいしそうな刺身盛り付けが出てきました。彩りな加賀野菜も美しいですね。

image

先日解禁されたばかりの蟹。ズワイガニのメスである「香箱蟹」。外子(卵)をはじめ、内子(未熟成卵)、味噌が詰まっていて蟹三昧です。初めていただいたのですが、またおかわりしたくなるくらい美味しかったです!

image

締めは、お寿司。最初の刺身盛り付けと同じ種類が並びます。

私は、一番好きなネタは最後に持っていく派ですが、みなさんは最初に食べる派ですか?それとも最後に持っていく派ですか?(^o^)

金沢へ

image

先々週は、金沢へ行ってきました。年中おすすめとありますが、金沢人によると「夏以外!」と言っていました。(笑)

image

大きな鼓門をくぐると、テレビやネットでよく見る構図が見えてきました。

image

ろう学校でデフバベットの公演を見させていただいた後、21世紀美術館へふらっと立ち寄り。

image

 

この後は、金沢人が勧めるお寿司さんに行きます。